黒田官兵衛ゆかりの地と宿敵宇都宮との激戦地をご案内

近隣の名所史跡をご案内

福岡県行橋市 黒田官兵衛の九州最初の城

馬ヶ岳城跡
馬ヶ岳城跡
 黒田官兵衛が最初に築城した山であり、また豊臣秀吉が九州を平定した際にこの山のふもとに一泊したと言われています。その形跡である畝状竪堀群を見る事が出来ます。(写真は馬ヶ岳展望所)

福岡県みやこ町 名門宇都宮氏がこの地を4百年治めた城

城井ノ上城後
城井ノ上城(キイノコジョウ)
険しい巨岩に囲まれた宇都宮氏の城は3丁の弓で敵勢を防げたと言われ、その正門を通ってみれば黒田官兵衛軍が攻め落とすに苦心した事を実感出来ます。

福岡県豊前市 倫理運動の創始者の生家

丸山敏雄生家
丸山敏雄生家
丸山敏雄氏は物の世界に「物理法則」があるように人の世界には「倫理法則」があると考え、苦しみの受け止め方やどんな心がけが幸福を招くのか?など人の在るべき道を研究者した人物。

大分県中津市 黒田官兵衛が豊前国の中心として建てた城。

中津城
中津城址(黒田官兵衛築城)
黒田官兵衛が大阪との連絡を考慮し海辺に構えた城。豊前平定の戦いに様々な足跡を市内に残しています。また石積みの高い技術を良好な保存状態で見ることが出来ます。

大分県中津市 黒田官兵衛が策略の跡を今も残す寺。

合元寺
合元寺(ゴウガンジ/通称:赤壁寺)
『赤壁(あかかべ)寺」とあだ名されるこの寺の壁は黒田の謀略によりここに討ち果てた宇都宮家臣の怨恨を物語り、また寺内には柱に残された当時の刀傷も見ることが出来ます。

大分県中津市 寺内に安置されるかっぱの墓は黒田氏家臣の墓と噂有り。

円応寺
円応寺(エンノウジ/通称:かっぱ寺)
黒田孝高が開基、真誉見道上人の開山。黒田家の後も代々の藩主に大切にされたお寺です。河童伝説を持つ寺でもあり、今も残る河童の墓は黒田二十四騎の一人野村太郎兵衛の墓とも言われています。

大分県宇佐市 戦争を後世に伝える宇佐海軍航空隊跡地

城井1号掩隊壕
城井1号掩体壕(ジョウイ:エンタイゴウ)
宇佐海軍航空隊跡地周辺ではカムフラージュされた格納庫「掩体壕(えんたいごう)」のほか滑走路や機関銃掃射跡の残る建物、米軍爆弾の名残「爆弾池」などが今も保存されています。

大分県宇佐市 宇佐市平和資料館

城井1号掩隊壕
零式戦闘機(模型)
平和資料館の近隣には海軍航空隊の跡地があり広範囲に渡る戦争遺跡について解説されています。また映画のために制作された零型戦闘機の模型や撮影用の操縦席も展示されています。