築上町―蛭崎貞徳の碑

金富八幡の参道にある石碑。
福岡県築上町に宇佐神宮の元宮と言われる神社『金富八幡』があります、その参道の石碑に刻まれた名の男性はこの地に逸話がありました。
『蛭崎貞徳』富士登山に5度挑み、椎田干拓に尽力した強者。
豊前国築城郡椎田村に生まれ育った貞徳は5度の富士登山へ挑み、登山ルートの一つを開発したと語り継がれている人物で、その後、郷里の海と田畑の境に高さ2.3m、距離約2kmに渡って石を積み上げ干拓地の造成に尽力した。後に彼を慕う者が集まりこの石碑を建立しのだと言う。

PHOTO

詳細情報

史跡場所
金富八幡宮 参道 蛭崎貞徳の碑
住所
福岡県築上郡築上町椎田
最寄駅
JR日豊線 椎田駅
その他交通
タクシー:太陽交通(株) TEL:0120-725-005

作成/2016年