中津市ー慶応大学創設者『福沢諭吉』の旧邸

中津藩士、咸臨丸で米国へ渡る。
福澤諭吉は大阪で誕生(1835)し、1歳で母と兄弟と共にの実家中津に帰郷しました。慶應義塾大学の創設者であり伝染病研究所(現:東京大学医科学研究所)や土筆ヶ岡養生園(現:東京大学医科学研究所附属病院)の創設にも尽力しています。また長崎でオランダ語を学び、後に英語学習へ。咸臨丸での渡米では通訳(ジョン万次郎)と共に現地で『ウェブスター大辞書』を購入して英語教育へ活用しました。
新時代のキーマンのひとり
諭吉は奥平家(蘭学者:中津藩主)や前野良沢(蘭学医:『解体新書』を翻訳)、小幡篤次郎(『学問のススメ』共著者)、増田宗太郎(諭吉の再従兄弟)など歴史的面々と中津で接点があり、新時代のキーマンとなりました。

INFO

名称
福沢諭吉旧邸
所在地
大分県中津市山の下(Google Map)
時間
12月31日
定休日
9:00~17:00(最終入館16:30まで)
料金
高校生以上:400円
中学生以下:200円
未就学児:無料
設備等
駐車場有り
トイレ有り
備考
情報が更新されている場合がありますので公式ホームページをご参照ください
福沢諭吉旧居:https://fukuzawakyukyo.com/
交通
最寄駅:JR中津駅(徒歩15分)
タクシー
0120-725-005
0979-22-5555

Google View

写真一覧

  • a.jpg
  • b.jpg
  • c.jpg

[作成]2020年06月04日