築上町ー炭鉱富豪の大邸宅『旧蔵内邸』

炭鉱富豪「蔵内家」の本宅。
美しい日本建築と庭園が鑑賞できます。またバッキンガム宮殿や国会議事堂に施工されている「金唐革紙」は一見の価値有り。季節ごとにイベントも開催されておりリピーターの多い観光地です。
蔵内氏とは
同町で代々庄屋を務め、後に三男として生まれた(1847)蔵内次郎作が炭鉱で栄える田川郡に移り住み峰池炭鉱など開鉱し蔵内鉱業を発足、炭鉱富豪に代表される伊藤伝右衛門と並び称されるまでに成りました。また第10回衆議院選挙で当選し政治家としても活躍しています。蔵内家はかつてこの地を統治した宇都宮氏家臣の血統であり、建物内のいたるところに宇都宮の家紋が見られ、その数は100点を超えます。

INFO

名称
旧蔵内邸(きゅうくらうちてい)
所在地
福岡県築上郡築上町大字上深野396(Google Map)
時間
水曜日(祝日開館)
定休日
09:30~16:30(入館16:00)
料金
高校生以上310円
設備等
駐車場/約40台 大型車別途有り
備考
公式サイト
築上町歴史散策ホームページ/蔵内邸
交通
最寄駅:JR築城駅(~約6.8㎞)
太陽交通バス<寒田線時刻表>
上深野バス停から徒歩約280m(ルートマップ)
タクシー
0120-700-822
0930-56-0161

Google View

写真一覧

[作成]2018年5月18日