太陽交通ニュース

社内の水災害対策中。

所轄管理職が集まり施設改良工事。
豪雨により事務所が浸水する被害があり、梅雨の晴れ間に排水工事を行っています。作業は経験を持つ管理職がそれぞれの役割を担当しました。
山を伐採すると洪水が起こる原理で被災。
水害が発生する場所に隣接する土地は元々荒地で木々や背の高い草で覆われていました、整地したところ保水の能力を失った土地から雨が流れ出て、浸水するようになりました。森の大切さを実感します。

2022年06月23日

画像一覧

  • a.jpg
  • b.jpg
  • c.jpg
  • d.jpg
  • e.jpg
  • f.jpg
  • g.jpg