萩市ー明治維新の著名人物を多く排出した『明倫館』

毛利氏家臣の跡継ぎ教育のために創立した『明倫館』
かつては日本三大学府のひとつと称されていた名門で、明治維新に関わる多くの著名人物を排出した学校でもあります。享保3年(1718)長州藩第6代藩主の毛利吉元が創建し、その跡地小学校舎が建てられ日本最大級の木造校舎として2014年まで授業が行われていました。現在は明倫学舎として保存されています。
明倫学舎はミュージアムやカフェを備える観光施設
明倫学舎の本館は小学校の風景を保存しつつ校舎の歴史を伝える展示がされており1階のスペースにお土産売り場と萩の味覚を堪能できる『カフェ萩暦』があります。また2号館では西側が『幕末ミュージアム』、東側が『世界遺産ビジターセンター』として展示を鑑賞、同所敷地内にも複数のスポットがあります。

INFO

名称
明倫学舎 (めいりんがくしゃ/明倫館)
所在地
山口県萩市大字江向602(Google Map)
時間
年中無休(館内レストランは水曜日)
定休日
9:00-17:00
(館内レストランは下記リンクからご確認ください)
料金
有料施設観覧料:大人250円
設備等
駐車場:約180台(310円/1日)
領収書提示で市内数箇所の施設駐車場が使えます。適用施設については現地でお問合せください。
備考
施設内「カフェ萩暦」でお食事可。
交通
最寄駅:JR山陰本線 東萩(約2km)
タクシー
小倉~行橋~中津~宇佐高田から
貸切タクシーのご相談はこちら!

Google View

写真一覧

  • a.jpg
  • b.jpg
  • c.jpg
  • d.jpg
  • e.jpg
  • f.jpg

[作成]2017年07月22日